どれくらいの資金が必要?注文住宅の予算を検討する際に有効な情報を公開

昔から多くの方々の憧れである注文住宅を手に入れる際に、自己資金はいくら必要なのか気になっている方も多いでしょう。
実際にどの程度お金が必要なのかと言えば、自己資金0でフルローンを組むことも可能なので、準備しなければならない金額というのは無いというのが答えです。
しかしそうは言っても平均してどの程度の方がどれだけ資金を準備しているのかという事を知りたい方も多いかと思うので、その点について解説していきます。

どれくらいの資金が必要?注文住宅の予算を検討する際に有効な情報を公開

家を購入する際には、昔は基本的に注文住宅が主流でしたが、近年はハウスメーカーが建てた区画に気に入った間取りがある際に購入する建売住宅も増えています。
建売の方が金額的に安い場合が多いですが、それでも住宅ローンを組まなければ到底購入できる金額ではありません。
そこで家を購入しようとしている方々の平均予算について考えると、平均金額としては500万円程度が多いのですが、自己資金100万円未満という割合も多いので、注文住宅の購入には自分がどれだけお金を持っているかは、それほど気にする事案ではないという事です。

建売住宅よりも高級な注文住宅とは

注文住宅とはあって売り住宅よりもはるかに高級な住まいと言われてます。
それは土地家屋代を見るだけでも一目瞭然で、建売住宅の倍以上の費用が掛かるともいわれるのです。
なぜこれほどまでに高級で費用が高いのか、それは完全なフルオーダーの住まいであるからなんです。
土地選びに始まり、設計会社の選択、建材や仕様を選び、間取りやデザインに設計まで施主が携わり希望を詰め込んでいけるわけなのです。
注文住宅であれば、建材をすべて海外から取り寄せることも可能であり、外観も北欧やアメリカンハウスのほか、キャッスルのような宮殿にすることも可能です。
注文住宅とはコストがかかるので、計画的な資金計画や返済計画を立てることも大事なのです。
希望を伝えていくうちにエスカレートし、支払いが億単位になってしまうこともあるので、自己資金や収入などとよく相談し計画的に建築することが大事です。
資金調達については事前にファイナンシャルプランナーに相談するのも賢明です。

注文住宅の建築にかかる費用の相場

これから注文住宅を建てようと考えている方が多くいると思われます。
デザインや間取り、設備などにこだわって、理想の家にすることができるため、良い選択だと評価できます。
収入が安定している方であれば問題ないです。
注文住宅で気になるのは、建築にかかる費用相場になるはずです。
一般的な大きさの住宅で3000万円から3500万円になります。
設備や間取りによって変わるので、もっと高くなってしまうことも考えられます。
費用を安く抑えるコツがあるので把握しておいてください。
1つ目は水回りの設備を集中させることです。
水回りの場所が離れているとその分配管設備が複雑になるので余計にかかります。
2つ目はできるだけ壁を少なくすることです。
部屋数を多くしようとすると、それだけ多くの壁を作らないといけません。
安く抑えるためには余計な部屋は作らないことが大事です。
そして、ハウスメーカーよりも工務店の方が安いことが多いです。
材料を仕入れる独自のルートを持っていて、安くなった分を還元してくれます。

注文住宅の購入時に利用できるローン

一生で最も高い買い物であるマイホームを手に入れる際に、現金一括で買われる方はほとんどいません。
大抵の方は銀行から融資を受けて購入するのが基本です。
銀行から借りるのがいわゆる住宅ローンであり、注文住宅を購入する際に、ハウスメーカーから審査用紙を渡されます。
そこで必要事項を記入して所定の審査を受ける流れです。
他のローンと違って長期的な借り入れですから、クレジットカードとはまた違った審査となる上に、住宅を購入時に限ります。
注文住宅のような高いものは、資産価値もありますから、審査についてもその点が加味されるので、いくら安定してしっかりとした収入があっても、落とされる可能性もあるので油断しないようにしてください。
また、金利にも注意するようにしましょう。
なぜなら少しでも金利が低い銀行で借り入れる努力をおすすめします。
その理由は、目の前の事だけでなく長期的に考えて行動しないと後ほど金利で苦労するからです。

エリアによって異なる注文住宅の土地代

注文住宅を購入するにあたり、最初に選ぶのは土地です。
どこに家を建てるかというのが第一の選択となりますが、選ぶ時には様々な事を考えなければなりません。
もし親から譲り受けた土地という事であれば考える余地はありませんが、エリアによっても地価は変わってきますし、注文住宅を購入するのであればトータルで予算を出すことになります。
高い所でも立地を最優先して建てたいという事であれば、建物の予算を削ることになりますしその逆も考えられます。
何を有線するかによって、選び方も変わってくるでしょう。
通勤や通学の事を考えて、最寄駅から歩ける所を選ぶと地価はたかくなりがちですし、あとは都心部か郊外化でも変わります。
建物の事だけではなく、どこに住むのかというのも重要な選択ポイントとなりますので、まずはそこから考えていく事になります。
選び方のポイントなども抑えて、注文住宅を建てる時にはどこにするのかかを選んでいきましょう。

著者:松下健三

筆者プロフィール

和歌山県和歌山市生まれ。
工務店で注文住宅に関する実務経験あり。
住宅関連のコラムを執筆しています。
注文住宅を建てるなら